本文へジャンプ
  • 家族葬のご案内
  • 小さいお葬儀のご案内
  • 火葬葬のご案内
  • 音楽葬のご案内

家族葬のご案内


家族葬23万円〜
親しい方々だけの少人数で行ないたい方
一般参列は行なわないため、参列者への接待時間が少なく、気心の知れた方々が中心なので気遣いの苦労がありません。
費用を抑えたい
少人数で行なうため、比較的葬儀費用を抑える事ができます。

家族葬

「家族葬」では以下の内容となります、事前にご確認ください。
またオプションによりご希望されるものを追加することも可能です。
詳しくは直接お問合せ下さい。

祭壇 会館使用料 ×
司会 お棺
遺影撮影 ドライアイス
ローソク・線香 受付セット
案内掲示 × 霊身搬送料
霊柩車 手続き代行費

※△はオプションです。 ※この他に、火葬料が必要となります。

家族葬の意味

家族葬とは

家族葬とは、基本的に近親者のみで行う葬儀のことです。家族葬は「家族葬」というような葬儀の流れや形があるわけでなく、規模=人数をさして使われていることばです。
一般に家族(遺族)の範囲は個人の両親と子供の一親等、兄弟、孫の二親等がその範囲と考えられていますが、実際の家族葬ではさらに親戚や個人の家族と親しかった一部の人、友人なども含めて行われるケースが多く見られます。

家族葬の注意点

家族葬は家族や親族を中心とした葬儀なので、弔問に来られた方の対応がない分故人とゆっくり最後のお別れができます。そして、人数が少ない分料理の数や返礼品、お返し分が予想以上にかかってしまう心配がほとんどないので安心です。
家族葬の本来の目的は家族や親しい人だけで故人をゆっくりとお見送りすることにあります。親戚や近隣の人など、お付き合いのある方にこの点を理解していただくことが肝要です。

家族葬に対する誤解

家族葬について誤った認識を持っている方も少なくないようです。そのひとつが香典を持っていかないという話です。家族葬は近親者やごく親しい人などの限ら れた人だけが参列しますので、むしろ香典はやや大目に包んだほうが喪家の負担の軽減につながります。そのほかの方には、「勝手ながら、ご会葬もお供物も辞 退させていただきます」と挨拶することになります。
もうひとつの誤解は家族葬イコール無宗教葬という捉え方です。一般的には僧侶などの宗教者を招いた通常の形がとられます。参列する方はどのような形で行うのかを事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

家族葬の進め方

家族葬も一般の葬儀と同じように進行するのが一般的です。通夜・葬儀も通常通りに行われます。弔問に来られる方の人数が少ない分、その対応などで気を使うことがないため、身内だけでゆっくりと故人を送ることができます。これが家族葬の最大のメリットと言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る